子どもの健康を祈るために五月人形を飾ろう

男の子の日

人形

もうすぐゴールデンウィークがやってきます。ゴールデンウィークといえば子どもの日があります。子どもの日とは、主に男の子のためにある日で、昔から五月人形を飾り、こいのぼりをたてるといった風習がありました。また地域によっては、柏餅を食べたり、お赤飯を炊いたりするところもあります。では、なぜこのような風習を行うのかというと、子どもの健やかな健康と安全と良い成長をするようにといった祈願のためなのです。このような意味もあるので、五月人形を飾ることは重要になってきます。では、子どもの健やかな成長を祈願する、という意味合いがある五月人形ですが、大きさや作り、材質などによって、値段が異なってきます。そこで、いくらくらいのものを購入すれば良いのか、相場はどれくらいなのか、値段に関しての説明をしていきましょう。

五月人形の相場は様々で、非常に高価なものは何百万円もするものもありますが、一概に高いものを購入すればよいということではありません。その家庭や生活に合ったものを購入することが一番大切です。例えば、良い段飾りのものを購入したからといって、飾るスペースがなかったり、収納スペースがなかったりするのでは意味がありません。ですので、購入する前にどれくらいの大きさまでならスペースを確保出来るのか、予算はどれくらいなのか、ということを家族で話し合っておく必要があるでしょう。また昔からの風習で、基本的には奥さんの側の両親が購入する、といった決まりもあります。

男の子のための人形

カブト

男の子のお祭りである端午の節句にはきちんと五月人形を飾るようにしましょう。五月人形は本格的ものからキャラクターがデザインされたものまで、様々な種類がありますので各家庭に適したものを購入することができます。

読んでみよう

小学生の鞄選び

2人の少女

女の子のランドセルを選ぶ時には、価格だけで判断するのではなく、使い勝手や色を重視して選ぶとよいでしょう。ランドセルに可愛いデザインが入っている場合は、成長に従って嫌がるケースもあり、シンプルなデザインのランドセルを選択すると飽きることなく6年間使用することができます。

読んでみよう

成長を一緒に支えるもの

小学生

女の子のランドセルを選ぶとき、主にデザインを重視しがちですが、最近の世の中は物騒なので、犯罪や事故を防止してくれる機能が付いていることも大切です。有名なメーカーだけでなく地元のお店でも良い製品が販売されています。さらに6年間のうちに好みが変化することを考えて、子供と一緒に話し合って選びましょう。

読んでみよう